THE CLINIC まとめ

THE CLINICは、大学病院でも使われる乳腺用エコー「エラストグラフィー」を全5院に完備しています。
今回は、この乳腺専用エコーを用いた失敗治療の外来窓口についてご紹介します。

施術メニュー1:他院脂肪注入豊胸手術後の失敗「しこり」をチェック

施術メニュー1:他院脂肪注入豊胸手術後の失敗「しこり」をチェック

脂肪注入豊胸によるしこりは、脂肪の質が劣悪だったり、注入技術が未熟だったりすると生じやすくなります。こうしたしこりを訴えるゲストには、まずエコー検査を行い、しこりの状態を診断。豊胸以外の理由によるしこりでないことを確認します。その後、しこりの位置と量を正確に把握し、すべてのしこりを残さず取り除きます。

施術メニュー2:他院プチ豊胸手術後の失敗「しこり」をチェック

施術メニュー2:他院プチ豊胸手術後の失敗「しこり」をチェック

ヒアルロン酸豊胸やアクアフィリング豊胸などのプチ豊胸後にも、しこりを訴えて当院にお越しになるゲストは後を絶ちません。このような方たちに対しても、必ずエコー検査を実施します。理由は脂肪注入後のしこりチェック同様、しこりの状態、位置、ボリュームを正確に把握し、徹底的にしこりを除去するためです。

施術メニュー3:シリコンバッグの状態をチェック

施術メニュー3:シリコンバッグの状態をチェック

シリコンバッグは時間とともに必ず劣化するので、バッグの状態を定期的にチェックし、異変があればいち早く抜去することが重要です。このためにも、エコー検査は有効。こまめに確認していれば、自覚症状が現れる前に対処できるでしょう。また万一、乳腺に異常があった場合にも、いち早く治療を開始することができます。

THE CLINICにおけるエコー検査の位置づけ

THE CLINICでは、エコー検査を2つの目的で実施します。一つは、効果的な豊胸手術を行うための事前検査として、もう一つはトラブルが生じた後の状況確認として。エコー検査を行うことで、失敗予防と、失敗への対処の両方が可能です。もちろん、失敗を起こさないことが大前提ではありますが、万一の最悪の事態にしっかり備えておくこともまた、医療機関の大事な責務だと考えているのです。私たちはこうした万全の態勢で、みなさんのお越しをお待ちしています。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP