THE CLINIC まとめ

シリコンバッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸 【症例まとめ】

シリコンバッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸 【症例まとめ】

シリコンバッグによるトラブルが後を絶たない中、抜去と同時にコンデンスリッチ豊胸を受けるゲストが増えてきています。実際に施術を受けた方の症例をもとにシリコンバッグ抜去の理由と、コンデンスリッチ豊胸の効果をご紹介します。

Case1.シリコンバッグ豊胸によるバストの変形が改善

Case1.シリコンバッグ豊胸によるバストの変形が改善

10年前にシリコンバッグで豊胸手術を行った50代女性の症例です。バストの変形が強く、左右差を気にされて来院。エコー検査の結果、両胸のバッグ破損に加え、カプセル拘縮や軽度の石灰化が確認されました。
破損したバッグを抜去する場合、炎症などの原因となる漏れたシリコンは全て洗浄する必要があります。シリコンバッグをコンデンスリッチファットに入れ替えた結果、見た目が自然なだけでなく、施術前よりバストにボリューム出たと仕上がりを喜んで頂けました。

Case2.被膜の中を移動するシリコンバッグを抜去

Case2.被膜の中を移動するシリコンバッグを抜去

過去に2回、シリコンバッグの入れ替え経験があったケースです。その過程で胸部の広範囲に被膜が形成され、シリコンバッグがその中を常に移動してしまう状態でした。
バッグ抜去後にコンデンスリッチ豊胸を行う場合、被膜の中に脂肪が入らないように注入することが重要。これがしこりをつくらないポイントになります。
180ccのボリューム感のあるシリコンバッグが入っていたにも関わらず、術後はボリュームダウンすることなく自然なバストに仕上がりました。

Case3.コンデンスリッチ豊胸で年齢に応じたバストに

Case3.コンデンスリッチ豊胸で年齢に応じたバストに

過去にシリコンバッグ豊胸をされた60代女性の方です。ご相談内容は、バストの見た目が加齢と共に気になってきたというもの。本来バストは、加齢と共に下垂して行くのが自然であるため、年齢によってはハリのある大きなバストが不自然に見えてしまいます。
シリコンバッグをコンデンスリッチファット(CRF)に入れ替えることで、年齢にあった自然なバストに仕上がりました。このような場合にも、コンデンスリッチ豊胸は満足度の高い効果が得られます。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP