THE CLINIC まとめ

シリコンバッグは、日本で年間2万人もが受けているメジャーな豊胸手術です。しかし中には、トラブルを抱えながら対処法に困っている方も少なくありません。シリコンバッグによる豊胸トラブルと、その後の対処法をご紹介いたします。

シリコンバッグによるトラブル

シリコンバッグによるトラブル

シリコンバッグは、年々品質の向上がなされています。しかし、トラブルが完全にクリアになったわけではありません。そもそも痩せ型が多い日本人は、シリコンバッグによる見た目の不自然さが出やすい体型。加えて、生体反応が強く出てバストが硬く変形する「カプセル拘縮」や、主に挿入年数が長く劣化することで起こる「バッグ破損」などのトラブルはなくなりません。そういったトラブルの対象法としては、基本的にシリコンバッグを摘出(抜去)するしかないのです。

抜去するなら早めがおすすめな2つの理由

抜去するなら早めがおすすめな2つの理由

シリコンバッグの抜去を迷っているうちに、更なるトラブルを招いてしまうことがあります。
1つは、抜去後のバストが大きくたるんだり、時には陥没する場合があること。これはシリコンバッグの圧迫によって、周辺組織や皮膚が伸びることで起こります。2つ目は、「カプセル拘縮」によるトラブルです。異物への拒絶反応で体はバッグの周りに被膜をつくります。それが厚くなりバッグを締め付けることによって、バストが硬くなります。ひどくなると年数が浅くてもバッグが破ける恐れも。だからこそ、シリコンバッグに不安を感じたら、少しでも早く信頼できるドクターに検査を依頼しましょう。

傷跡を残さずバッグ抜去も可能

傷跡を残さずバッグ抜去も可能

抜去を決意しても、バストに傷が残ってしまうことを懸念する方は少なくありません。実際クリニックによっては、脇からの抜去は難しいとして、アンダーバストから抜去することがあるようです。しかし、バストを傷つけずシリコンバッグを取り除くことは可能。バッグの挿入口である脇の傷から抜去することで、バストに傷は残りません。その際には熟練した技術が不可欠なため、クリニックやドクターを選ぶ際には注意が必要になります。

抜去後はコンデンスリッチ豊胸で自然なバストに

抜去後はコンデンスリッチ豊胸で自然なバストに

シリコンバッグ抜去の際、不安に思うのが抜去後のバストの形。
バッグを挿入した時間が長く続くと、陥没したようになる場合があります。これは、バッグの圧迫によって周辺組織や皮膚が変形することが原因。
THE CLINICでのバッグ抜去では、多くの方が同時にコンデンスリッチ豊胸を選択しています。コンデンスリッチ豊胸は、自身の脂肪を注入する豊胸手術。自然な触り心地で、ゲストの満足度が非常に高い施術です。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP