THE CLINIC まとめ

人気のアンチエイジング「マイクロCRF」従来との違いとは?

人気のアンチエイジング「マイクロCRF」従来との違いとは?

従来の注入系アンチエイジングでは、持続性がない、人工的で不自然な仕上がりになるなどの問題点がありました。マイクロCRF(マイクロ.コンデンスリッチファット)はそんな悩みをすべて解消した脂肪注入のアンチエイジングです。なぜそんなことが可能なのか、従来の注入系アンチエイジングとの違いを解説していきます。

もう繰り返さなくていい!半永久的な効果

もう繰り返さなくていい!半永久的な効果

マイクロCRFと従来の注入系アンチエイジングとの大きな違いは、一度注入すると効果が半永久的なこと。ヒアルロン酸や従来の脂肪吸引などの今までの注入系アンチエイジングは、持続性がネックとなっていました。
しかし、マイクロCRFは、なんと90%以上の定着率。その理由は、成長因子や幹細胞を多く含んでいる良質な脂肪を使っていることにあります。
短期的に、何度も繰り返し注入する必要がなくなったことが、人気のひとつと言えるでしょう。

立体感のある自然な仕上がり

立体感のある自然な仕上がり

2つめの違いは、見た目の仕上がり。従来の注入系アンチエイジングでは、注入したヒアルロン酸が透けて見えたり、表面の仕上がりがデコボコになるなどのトラブルがありました。
しかし、マイクロCRFは自己脂肪を使うため透けて見える心配がありません。ジェルのような微細な脂肪を使うので繊細な部位にも有効で、立体感のある自然な仕上がりになります。

術後もどんどん若返る?肌の活性化効果

術後もどんどん若返る?肌の活性化効果

持続性や仕上がりは当然の事ながら、肌活性の作用まであるのがマイクロCRFのがすごいところ。これが3つめの違いです。脂肪が肌の活性化につながるなんて驚きの事実ですが、これはマイクロCRFに含まれる大量の成長因子や幹細胞の成せる業。血流や肌組織などが活性化することで、シワやたるみのみならず、シミやくすみなどの表皮の改善効果も得られます。

繊細な部位のアンチエイジングがすごい!

繊細な部位のアンチエイジングがすごい!

実際の症例を見てもこれらの従来との違いは違いは歴然。
「深くきざまれていた目尻のシワが消え、目の上のくぼみも解消。目の周り全体にハリがでて明るくなった。」「老けた印象をあたえていた、深くくっきりとしたほうれい線が浅くなり、目立たなくなった。」「目の下のクマが顔全体を疲れた印象にしていたが解消した。」など、繊細な部位のアンチエイジング効果を感じているゲストが多くいらっしゃいます。

ダウンタイムがほとんどない!

ダウンタイムがほとんどない!

効果と同様気になるのが、術後のダウンタイム。特に顔は隠せないだけに気になりますよね。
注入部位のダウンタイムは、ヒアルロン酸注入で用いる針よりも、細い30Gの針を使用して注入します。そのため、ヒアルロン酸注入の術後と変わらず、ほとんどありません。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP