ページトップに戻る

まとめ

あなたに適した脂肪注入はどれ? 顔の部位・症状で分かるアンチエイジング術

あなたに適した脂肪注入はどれ? 顔の部位・症状で分かるアンチエイジング術

顔の脂肪注入をお考えの方に読んでいただきたいまとめです。「顔の脂肪注入って色々あるみたいだけど、どれが自分の悩みを解決してくれるか分からない」という方もいらっしゃるのでは? そこで、今回はおすすめの顔の脂肪注入を、お悩み別にご紹介します。

顔の脂肪注入【1】くぼみ・コケにはコンデンスリッチファット(CRF)

コンデンスリッチフェイス(顔の脂肪注入)

コンデンスリッチファット(CRF)とは、自身の脂肪を遠心分離にかけ、死活・老化細胞などの不純物を取り除いて濃縮した脂肪のことです。顔の中でも「くぼみ」や「コケ」など、ボリュームが必要な部分に適しています。
ただ、ボリュームを出すために多くの脂肪を注入すればいいという訳ではなく、脂肪の質が重要。従来の脂肪注入とコンデンスリッチファットを比較したところ、同容量で細胞密度が高かったのはコンデンスリッチファットでした。良質な脂肪でボリュームを補うことにより、ふっくらとした健康的な印象に仕上がります。

顔の脂肪注入【2】目や口、頬などのたるみ・しわにはマイクロCRF

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

まず、採取した脂肪から良質な脂肪であるコンデスリッチファット(CRF)を抽出します。それを専用装置にかけ、さらに微細な脂肪細胞と脂肪幹細胞を濃縮したのがマイクロCRFです。微細な脂肪のため「目元」や「口元」、「頬」などの繊細な部分に適しています。従来の脂肪注入では、皮膚の薄い「目元」に脂肪を注入すると肌の表面がボコボコするといった問題がありました。これを解決したのがマイクロCRFの微細な脂肪です。マイクロCRFを注入することで、滑らか且つ自然な仕上がりを実感できるでしょう。

顔の脂肪注入【3】頬のたるみには、糸併用の3Dセルリフト

3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

脂肪注入と溶ける糸を組み合わせた施術が、3Dセルリフトです。もちろん、脂肪は自身から採取したものを注入します。適応症状は「頬のたるみ」です。
まずは、本来ボリュームのあるべき部分に糸を挿入し、皮膚を持ち上げて脂肪の注入スペースを作ります。その部分に脂肪を注入することで顔のリフトアップはもちろん、皮膚のハリを取り戻すことが可能です。挿入した糸は脂肪の定着をサポートする足場の存在にもなります。

顔の脂肪注入【4】あらゆる部位に適応! 若返りができるステムセルリッチファット(SRF)

SRF注入(ステムセルリッチファット注入)

ステムセルリッチファット(SRF)は、老化による「しわ」や「たるみ」といった悩みを解決したい方におすすめです。そもそも老化は、脂肪の減少と肌の劣化が大きな原因。そんな老化の原因を改善するカギとなるのが、”幹細胞”です。実は、ステムセルリッチファットには一般的な注入脂肪の約3倍にも値する幹細胞が含まれています。その幹細胞の力を活用することによって、顔の「しわ」や「たるみ」を改善し、若返り効果を発揮するのです。