ページトップに戻る

目の下のクマ

目元のたるみでも生じるクマ

目の下のクマ目のクマには様々な種類があります。なかでも、紫外線によるダメージや乾燥・摩擦による色素沈着が原因の茶色いクマや、パソコンなどの眼精疲労による血行不良が原因の青いクマは、比較的よく知られています。
そしてあまり知られていないのが黒いクマ。これは、脂肪の下垂でたるむことにより目の下にくぼみができ、そこが陰になって見えるもの。この場合、ハリや皮膚の弾力を補い、くぼみの段差を解消する美容施術で改善することが可能です。さらに、最新の再生医療では肌周辺の組織を活性化させる効果もあるため、より若々しい印象を維持することができます。
このように、よく動くため負担がかかりやすい目元に適した方法で改善します。

目的別おすすめ施術

  • マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)たるみも合わせて改善したい人▶

    マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

    自分の脂肪組織で若返るコンデンス(濃縮)技術が可能にした最先端再生医療

    マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)再生医療の分野で注目の高まる脂肪注入技術。なかでも不純物を取り除いたコンデンスリッチファット(CRF)をさらに濃縮し、採取した脂肪から10%しかとれない厳選された注入素材がマイクロCRFです。豊富に含まれる幹細胞の作用で肌が再生し、根本から若返ります。


    マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)の詳細はこちら▶

  • イレブンリフト(糸のフェイスリフト)青グマ・黒グマを治したい人▶

    イレブンリフト(糸のフェイスリフト)

    垂直にリフトさせるという発想から生まれた新しいアンチエイジング技術

    イレブンリフト(糸のフェイスリフト)イレブンリフトは、特殊なインジェクター(注射器)を用いて、スキャフォルダー(柔軟性に富んだ吸収性の素材)を細かい部分単位でたるみやしわなどをイレブンラインに沿って引き寄せて、頬や額へ向かって垂直に上げることによってリフトアップさせる新手法です。


    イレブンリフト(糸のフェイスリフト)の詳細はこちら▶

  • PFC注入(自己血液療法)メスを使いたくない人▶

    PFC注入(自己血液療法)

    高い肌活性力でシワやほうれい線を解消する、100%自己血液由来の注入治療

    PFC注入(自己血液療法)目の下のクマやシワ、ほうれい線など気になる箇所を集中的に治療したい方へ。血液由来成長因子がPRPの2倍以上と高濃度な、PFCの肌活性作用を実感ください。


    PFC注入(自己血液療法)の詳細はこちら▶

目の下のクマに関する施術一覧

  • マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

    自分の脂肪組織で若返るコンデンス(濃縮)技術が可能にした最先端再生医療

    マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)再生医療の分野で注目の高まる脂肪注入技術。なかでも不純物を取り除いたコンデンスリッチファット(CRF)をさらに濃縮し、採取した脂肪から10%しかとれない厳選された注入素材がマイクロCRFです。豊富に含まれる幹細胞の作用で肌が再生し、根本から若返ります。


    マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)の詳細はこちら▶

  • SRF注入(ステムセルリッチファット注入)

    高濃度幹細胞で肌年齢を巻き戻す若返り治療

    SRF注入(ステムセルリッチファット注入)メスを使わずに、お顔の若返りを叶えるステムセルリッチファット注入。高濃度に濃縮した自身の脂肪幹細胞を注入することでシワ・たるみなどの老化現象を改善します。周囲に気付かれることなく、肌年齢を巻き戻す最新の若返り治療です。


    SRF注入(ステムセルリッチファット注入)の詳細はこちら▶

  • 3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    進化した脂肪注入技術で実現した顔のリフトアップ施術

    3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)3D Cell Lift(3Dセルリフト)は、単なるリフトアップではなく、老化で失われた顔の立体感をも取り戻すアンチエイジング施術です。ステムセル(幹細胞)を豊富に含むファットセル(脂肪細胞)を計算して注入する高度な技術力が、自然な仕上がりを実現します。


    3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)の詳細はこちら▶

  • PRPマトリックス

    PRP×ヒアルロン酸のダブル療法

    PRPマトリックスメス不要で肌が若返る最新治療、PRPマトリックスのご紹介です。PRPとヒアルロン酸を合わせた注射で、シミやシワを改善できる再生医療であり、顔や手のシワを改善しハリツヤをもたらします。


    PRPマトリックスの詳細はこちら▶

  • PFC注入(自己血液療法)

    高い肌活性力でシワやほうれい線を解消する、100%自己血液由来の注入治療

    PFC注入(自己血液療法)目の下のクマやシワ、ほうれい線など気になる箇所を集中的に治療したい方へ。血液由来成長因子がPRPの2倍以上と高濃度な、PFCの肌活性作用を実感ください。


    PFC注入(自己血液療法)の詳細はこちら▶

  • ベビーコラーゲン

    ハリと潤いを取り戻すヒト由来の若返り注射

    ベビーコラーゲン赤ちゃんのお肌と同じ割合でⅢ型コラーゲンが配合された、ヒト由来のベビーコラーゲン。ピンポイントに注入することで、シワや法令線の凹みを補う即効性があり、肌の再生作用で効果が長持ちすることが特徴。肌なじみが良く自然な若返りが叶います。


    ベビーコラーゲンの詳細はこちら▶

  • W-PRP プレミアム(血小板療法)

    最新の皮膚再生PRP療法

    W-PRP プレミアム(血小板療法)ついに安定した治療効果を実現した最新の皮膚再生PRP療法。自分自身の血液から抽出した細胞成長因子が肌細胞に働きかけコラーゲンを作り、シワやたるみを改善しナチュラルに若返りを図ります。


    W-PRP プレミアム(血小板療法)の詳細はこちら▶

  • CO2メソセラピー

    顔を切らない気軽な治療で 目元、いつまでも美しく

    CO2メソセラピー目の下のくま・たるみは、慢性的な血行不良が原因の一つ。それを改善するのが、炭酸ガスを皮下に注入し、血流を促進するCO2メソセラピーです。症状によっては、W-PRPやマイクロCRFを同時に注入することで、活力のある肌をよみがえらせます。


    CO2メソセラピーの詳細はこちら▶

  • サーミ スムース

    デリケートな顔のたるみに 低負担で高い効果を実現

    サーミ スムース加齢によるたるみが現れやすく、皮膚がデリケートな顔や首元のたるみ、小じわを改善します。患部の表面から高周波の熱を照射することで肌のコラーゲンの生成を促し、ハリ感を出します。サーモグラフィで表皮の温度を確認しながら施術するので火傷の心配はありません。エステ感覚で心地よく受けていただける、安全で画期的なたるみ治療です。


    サーミ スムースの詳細はこちら▶

  • イレブンリフト(糸のフェイスリフト)

    垂直にリフトさせるという発想から生まれた新しいアンチエイジング技術

    イレブンリフト(糸のフェイスリフト)イレブンリフトは、特殊なインジェクター(注射器)を用いて、スキャフォルダー(柔軟性に富んだ吸収性の素材)を細かい部分単位でたるみやしわなどをイレブンラインに沿って引き寄せて、頬や額へ向かって垂直に上げることによってリフトアップさせる新手法です。


    イレブンリフト(糸のフェイスリフト)の詳細はこちら▶

  • Dr.Arrivoフェイシャル

    シミ、シワ、たるみへの同時アプローチで、 若々しい美肌を叶える

    Dr.Arrivoフェイシャル3つの美容テクノロジーを同時出力する、THE CLINIC 開発のフェ...

    Dr.Arrivoフェイシャル3つの美容テクノロジーを同時出力する、THE CLINIC 開発のフェイシャルマシンを使用した、スペシャルトリートメント。シミ、シワ、たるみなど、加齢によるダメージがあらわれた肌を若々しく蘇らせる革新的なアンチエイジング施術です。

    • 続きを読む▶
    • 閉じる▶

    Dr.Arrivoフェイシャルの詳細はこちら▶

  • PPP-Gel注入(プラズマジェル)

    自分の血液からフィラー(注入材)を抽出

    PPP-Gel注入(プラズマジェル)余計な添加物は一切加えない自分自身の血液でつくるフィラー(PPP-Ge...

    PPP-Gel注入(プラズマジェル)余計な添加物は一切加えない自分自身の血液でつくるフィラー(PPP-Gel)が登場、異物反応を起こす心配がなく、ヒアルロン酸より色調も自然、手軽で即効性があります。効果に数日を要すPRP(血小板血しょう)との組み合わせに最適です。

    • 続きを読む▶
    • 閉じる▶

    PPP-Gel注入(プラズマジェル)の詳細はこちら▶

  • 目元の調整(二重)

    個性を最大限に引き出す目元を

    目元の調整(二重)目元の調整には、糸で留めて二重にする簡単な方法から、しっかりラインを入...

    目元の調整(二重)目元の調整には、糸で留めて二重にする簡単な方法から、しっかりラインを入れる切開法、目の幅を広くする目頭切開法と様々な方法があります。目元は顔全体の印象にも大きく影響しますので、しっかりとカウンセリングを行います。

    • 続きを読む▶
    • 閉じる▶

    目元の調整(二重)の詳細はこちら▶