ページトップに戻る

密かな人気メニュー バストトップ調整って?

長過ぎる乳首や大きな乳輪を適度な形にデザインして、美しいバストを作る乳頭縮小(乳頭調整)。繊細な部位だけに「痛み」や「傷跡が残る」などのイメージがつきものですが、実際はどうなのでしょうか?

コンプレックスを一掃する人気メニュー

授乳後、伸びた乳首を改善した例

女性にとって特に大事な部分といえる、乳頭を縮小する施術をご存知ですか?
乳輪、乳首の大きさや形を整えるメニューで、古くから多くのクリニックで行なわれていますが、世間的にポピュラーとはいい難いですよね。
一方で、乳頭にコンプレックスを抱く女性は非常に多く、ボディデザインを得意とするTHE CLINICの密かな人気メニューとなっています。
乳頭縮小を受ける方の理由は様々ですが、コンデンスリッチ豊胸のついでや、授乳で乳首が伸びた経産婦さんからのリクエストが特に多いです。調整を受けたゲストから「垂れた乳首が授乳前の状態に戻った」「可愛らしい印象のバストになった!」などの嬉しいお言葉をいただく、非常に満足度が高い施術です。

傷や痛みの心配なし、乳頭縮小は怖くない!

乳頭縮小に抱くイメージと実際のところ

人気がある一方で、神経や授乳器官が集中するデリケートな部分だけに、切開と縫合を伴う施術に不安を覚える方も多いようです。
施術方法についての誤解も多く、例えばバストから切り離し、小さくトリミングしてバストに縫合する……と思われがちですが、実際は切り離すことはありません。乳首は乳管を残した皮膚のみを切除しますし、乳輪も乳腺を傷つけないよう小さくデザインするので、授乳機能を温存することができます。切開による傷跡も、乳首や乳輪は色素が濃くシワが多いので目立ちません。
また、乳首は神経が多く通っているので、術後に強い痛みを感じそうと思われがちですが、後遺症や痛みを訴える方はいらっしゃいません。術後は1ヵ月程度、乳首を刺激しないよう気をつける必要がありますが、日常生活に支障はない程度でしょう。 簡単な施術で乳首を小さくデザインして、パーフェクトバストを目指してみませんか?

コラムのポイント

  • 乳頭縮小は意外な人気メニュー
  • 適切な処置で授乳器官の損傷や傷跡、痛みの心配なし!
  • 乳首のデザインでパーフェクトに美しいバストへ