肝斑(かんぱん)

年齢を重ねていく上で大切にケアする事が重要なポイント

肝斑(かんぱん)については、あまり良くは知らない方も多いと思いますが、女性にとっては、年齢を重ねていく上で大切にケアしなければいけないものです。
肝斑(かんぱん)はしみの一種で、両頬あるいは額の上に、左右対称にぺったりと広がる薄茶色のしみのこと。ホルモンの影響などででき、妊娠に伴うこともあります。
あまり日焼けしたことないのにしみが突然出てきた、頬骨に沿って左右対称に広がっている、しみの形は雲のようにもやっと広がっている、目のキワを避けるように現れている・・・、こんな経験はありませんか?もし少しでもこれらに当てはまることがあれば、まずは専門的に診察がお勧めです。THE CLINICでは、肌診断機を使用して判別し、そのタイプに 合った治療法を用意しています。肝斑(かんぱん)治療をしたが濃くなってしまったという方の治療も多く行なっておりますので、ご相談ください。