コラム

産後の垂れた胸、バストアップに豊胸手術はアリ?! 経験者の告白

産後の垂れてしまった胸に、「豊胸」で立ち向かった女性たちの体験談を一挙公開します。豊胸の決意に至る経緯から家族の反応、さらには術後ケアまで。産後豊胸の全貌を赤裸々に語りつくします。

産後バストの垂れ・しぼみ。確実な解決方法は豊胸手術

妊娠・出産を経てしぼんでしまった胸、あなたならどうしますか? 筋トレ、補正ブラ、マッサージなどといったバストケアが一般的ですが、美容外科クリニックである私たちがご提案するバストアップ法は、何と言っても豊胸手術。「そんなおおげさな!」と思われるかもしれませんが、確実にかつ最短で結果にコミットするには、この方法がベストだと考えています。中でも、拒否反応のリスクが少なく、自然な仕上がりが期待できる脂肪注入豊胸がおすすめ。実際、当クリニックには多くの女性が、産後のバストアップ、バスト整形を目的に来院しています。

産後の豊胸手術ってどんな感じ?

産後・授乳後にしぼんでしまった胸が、脂肪注入豊胸の結果どのように蘇ったかをご紹介しましょう。いずれの症例も、当院のコンデンスリッチ豊胸によって、授乳前のようなハリのある女性らしいバストを取り戻しました。
そうは言っても、豊胸手術の実際のところって、あまりよく分かりませんよね。ネットの情報と言えば、やたら安心・安全を強調するものか、不安ばかりをあおりたてるものかの両極端。
そこで今回は、産後、当院で脂肪注入豊胸を受けてくださった方たちの体験談をピックアップ。ここでしか見られない、当事者目線のリアルなエピソードをご紹介します。

豊胸を決意した理由は? ―決め手は産後の現実に

出産直後はとにかく子どもが第一。自分のことなど構っていられません。でも、授乳が終わって少し余裕が出てくると、目の前には悲しい現実が……。胸のしぼみやたるみに伴う、急激なサイズダウンです。この産後の現実を「仕方ない」と受け入れるか「どうしても何とかしたい」と思えるかが大きな分かれ道ではないでしょうか。産後、豊胸によるバストアップに踏み切った方々は、後者を選ばれたわけです。

【36歳/子供2人】
下の子が幼稚園に入り、パートを始めました。働くようになったら自然と体重が落ち、5㎏くらい減ったあたりでブラジャーが緩くなりました。
アンダーだけでなく、カップの部分もパカパカと凹むくらい余っているのです。下着屋さんで計測してもらったところ、出産前のCカップからAカップになっていました 下着屋のカードに書かれたAカップという文字を眺めると、ショックでした 。。
なんとかして、少なくても出産前のバストに戻りたい、と強く思い豊胸を考え始めました。

【35歳/子供1人】
授乳後1年くらいの時期に体を絞りながら健康的なダイエットに取り組み、8kgのダイエットに成功、そのころに再婚を考えるようになっていたのと、水着を着て、独身の体のきれいな女の子達と海に行く事になり、久しぶりに自分の体に向き合って、びっくりア然でした…出産と長い期間の授乳、8kgの減量で胸が垂れまくり、えぐれていたのです。まさか、ここまでっていうくらい気づかなかった自分にもおどろくくらいです。デコルテが貧相な上にえぐれて胸の位置はすっかり低い位置に…信じられませんでした。(中略)
それでどうにかならないかと、サプリやマッサージやクリーム、光豊胸までやりましたが、もちろん効果を得ることはなく…たどり着いたのがコンデンスリッチ(脂肪注入豊胸)でした。

子どもが産後の胸の現実に気付かせてくれたということも

大人同士の付き合いであれば、他人の体の特徴をむやみにあげつらうのはマナー違反。しかし、子どもはこうしたことを、まったく悪気なく素直に指摘することがあります。そのことが現実に目を向けるきっかけになったという方もいらっしゃいました。

【39歳/子ども1人】
産後、小さくなってしまった胸がコンプレックスでしたが、主人も胸の事を口に出さなかったので気にしませんでした。でも、子どもとシャワーをする時、「ママ胸小さいね、かわいそう。」と言われ、気になるようになりました。また、人から貧乳が分からないように必死に隠している自分、しぼんでしまった胸を見せるのが嫌で、温泉、プール、海に行かなくなった自分が嫌になりました。今更という思いもありましたが、それでもやっぱり昔のような胸を取り戻し、これからは堂々と生きて行こうと豊胸を決意しました。

産後のたるみ・しぼみ改善に豊胸。家族には伝えた?

豊胸を検討していることは、なかなか人には相談しづらいですよね。それは、最も近い存在である家族に対しても同じこと。経験者の方たちは、そのあたりをどう捉え、どう対処したのでしょう。調べてみると、家族に伝えたという人が55%、内緒にしているという人が45%でした。ほぼ半々のこの結果。どちらが良いというわけではなく、それぞれの事情によるといったところでしょうか。バストケアというデリケートな問題の性質を物語っているようです。

ご家族に自分の気持ちを率直に伝えた方のコメントには、次のようなものがありました。

【39歳/子ども1人】
主人に相談したところ、「安全であれば、やってもいい、しっかり調べてから決めて。」とコンデンスリッチ豊胸手術に賛成してくれました。また、豊胸施術に関するテレビ番組 を録画してくれたり、仕事復帰のことを考えて三連休の日を選んだらと助言してくれたりしました。娘には説明が難しかったので、内緒にしました。

【31歳/子ども1人】
ずっと悩んでいた事を母に話しました。
絶対、反対されると思っていたのに、予想外の応えでした。母は、「女性は胸が大っきいから、小っさいからとか、人は外見ではない。でも同じ女性としたら気持ちも分かる。その手術をする事であなたが少しでも自信が持てて、前向きになれるなら、病院選びをしっかりしてやってみても良いと思う」との言葉でした。



中には粋な計らいをしてくれたご主人も。

【36歳/子ども2人】
主人には、下着屋で計測してもらった時からずっとバストをどうにかしたい、と悩みを話していました。
主人は豊胸を考えるほどとは思っていなかったようですが、結婚10周年ということでダイヤではなくバストをプレゼントしてもらえることになったのです。
子どもたちには話していません。



一方、ご家族に秘密にされている方のコメントからは、強く切実な意志を感じます。

【42歳/子ども3人(シリコンバッグ抜去+脂肪注入豊胸希望)】
家族には誰にも話していません。バッグが入っていたことも知りません。現在シングルマザーであり相談する人もいませんでしたが、(研修と嘘をついて)息子を預けて、リスクがゼロではない手術を受けるにあたって不測の事態だけは避けたいと思いました。
それでも決意したのは普通に病院を受診したり温泉に入ったりしたい、おばあちゃんになった時に恥ずかしい思いをしたくないという気持ちが強かったからです。


【33歳/子ども2人】
主人には何となく豊胸について話したことは何度もありますが、2人も子供を産んで幸せに暮らしているし、もういいでしょ的な反応でした。予算も理解してもらえないだろうし、家族には内緒で手術することを決意しました。



ご家族に知られたくなければ、せめて施術当日の動きぐらいは段取っておくことも大切です。

【32歳/子ども1人】
実は帰宅時、偶然早く帰宅した主人と鉢合わせになり、一瞬私の体を緊張が走りました。体調が悪いというと、夕飯は有り合わせで自分から済ませてくれて、子供のお風呂もやってくれました。
私はシャワーを浴びるふりをして、すぐに寝ました。ちなみにドライヤー音も忘れませんでした。主人が早く帰ってきたことは有り難く助かったのですが、自分の身体がどうなっているのかわからないまま寝ました。
アドバイスとしては、帰宅後 は家事が出来ないくらいに思って、万端に整えておくべしです。また、私は吸引部位が大腿の前後部だったため、睡眠中は圧迫ソックスを履いて、若干クッションで足を高くしました。次の日下肢は浮腫んでいなかったです!

産後の豊胸。ダウンタイムの実態は?

豊胸手術を検討される方がみなさん心配するのが、ダウンタイムについて。手術後はどのような症状を覚悟しておけば良いのでしょう? またこうした症状に、経験者の皆さんはどう対処されたのでしょう?


脂肪吸引後の圧迫固定と、注入箇所の傷を詳細に報告してくださった方のコメントをご紹介します。

【34歳/子ども2人】
私の場合、事前に用意していたガードルの圧迫感がまったく足りず、新たに買うことになりました。でも普段はまったくガードルを履かない私。高い商品はもったいないし、猛暑の中で厚手は絶対イヤ…。そこでネットで探し、手に入れたのが5分丈のイタリア製「Lock Fine」でした。これが予想以上に優れもの!締め付け感があるのに動きやすくて丸まらず、お尻も腰もしっかり圧迫してくれます。しかも1,500円前後とリーズナブル! 現在3枚使い回しています。
一方で、足の付け根を圧迫すると、今度はむくんでつらくなるのが足首やふくらはぎです。これはおなじみの「メディキュット」や「スリムウォーク」が助けてくれました。寝ている間も夜用を着用するとラクです。
逆にバストは締め付けない方がいいので、暑い中でも1枚でOKのユニクロ「ブラトップ」を重宝しました。

【34歳/子ども2人】
下半身はがっちり医療用テープとガードルで圧迫固定されているので見えませんが、脂肪を注入した胸の傷は、脇の下に一針ずつ! 実際見るとあまりに小さくてびっくりでした。



痛みは、手術当日よりも翌日以降に強く感じられるのが一般的ですが、それはどの程度のどんな痛みなのでしょう? こうした点についても、詳しくレポートいただきました。

【37歳/子ども2人】
施術当日は麻酔が効いていて腫れていても痛まなかったです。翌日の方が、痛みが激しかったです。座るとき、立つとき。横になるとき……。起きている間中、体勢を変えるたびに痛い! 胸にぐわーっと血が集まるような痛みがでてきて、脇の下の傷も痛いような気がしてきました。

【36歳/子ども2人】
布団から起き上がる時には大きな掛け声が必要な、筋肉痛の太もも、乳の溜まった胸の痛み、という状態でした。一度動き始めれば、ゆっくりと色々なことができました。



脂肪注入豊胸の場合、胸よりも脂肪の吸引箇所に強い痛みを感じます。その痛みのピークは、だいたい術後1週間程度のようです。

【24歳/子ども1人】
体がむくんで服も入らず、最初の一週間は大変でした。ただ、痛かったのは脂肪吸引した太ももで、胸は全く痛くありませんでした。


【36歳/子ども3人】
一番辛かったのがトイレです。洋式便座に普通に座る事が出来ず、便座に座ると、便座に当たる太もも部分が痛く、両手で体を少し浮かせて用をたしました。ピークは1週間です(私は、太もも全体から吸引を行いました)。

産後の豊胸手術後。仕事復帰はいつから?

多くの方は手術の翌日はお休みされる方が多いのですが、中には翌日から仕事に復帰したという方もいらっしゃいました。その際には、ご自身でも何かと工夫されていたようです。具体的なアドバイスは、大変参考になります。

【32歳/子ども1人】
吸引部位をかばうような動きになり、オフィスでは体調が悪いことにして不自然さをカバーしました 。意外にガードルが膝下まであり、縫製部が表側(皮膚に負担が無い作り)なので、ルーズなチノパンやワイドパンツを用意しておく方がいいです。チュニックにレギンスでは段差がわかってしまうかもしれません。

産後の脂肪吸引豊胸。術後の変化は?

術後の変化に関するコメントを拝見すると、みなさんに満足していらっしゃるようでした。もちろん、ここにご紹介した方たちはどなたも成功例なので、当然と言えば当然です。しかし、ここまでの劇的な変化や満足感は、豊胸手術だからこそ味わえたのではないでしょうか。

【37歳/子ども2人】
術後1ヵ月くらいで脂肪が吸収されてしまったらどうしよう……と気になりましたが、3週間目から大きさが落ちついて小さくなることもなく、キレイな胸をキープしています。

【36歳/子ども3人】
(手術の)一週間後のカウンセリングで、術後、二週間は脂肪が落ち着いて馴染むまで胸は硬いですが、一ヵ月後には必ず普通の違和感のない柔らかおっぱいになりますと説明を受け安心。その通り、一ヵ月後には自然な丸みの柔らかおっぱいになっていました。ヨカッタヨカッタ

【32歳/子ども1人】
楽しみは、人目を気にせず温泉や銭湯にも行けることです。子供や家族、友達と純粋に楽しめそう!この気持ちは、本当にペッタンコだった人にしかわからないと思います。諦めてたことなので、本当に嬉しいです。



豊胸の成果を子どもが褒めてくれるのはうれしいものです。子どもが違和感を覚えないほどナチュラルに仕上がるのも、脂肪注入豊胸ならではメリットです。

【39歳/子ども1人】
手術前の説明では脂肪はある程度吸収されると聞いていましたが、もともと大きい胸よりナチュラルな胸を希望していたので、6か月経った今でも満足しています。元通りとはいきませんが、それでも人前で胸を出しても抵抗がないくらいには取り戻すことができました。
今はヒップもきれいになってスカートよりはパンツを着る事が多くなり、娘にも「ママ、胸に魔法かけた?きれい」と言われました。

産後の豊胸。さらに詳しい情報を知りたい方には……

いかがでしたか? 豊胸手術の実態はイメージいただけたでしょうか? もし、興味をお持ちいただけたなら、是非、THE CLINIC のカウンセリングにお越しください。当クリニックのスタッフには、豊胸経験者が多数在籍していますから、さらに多くの体験談を直接お聞きいただくことも可能です。
“あの頃のバストに戻りたい”、もし本気でそうお考えなら私たちの出番。脂肪治療専門クリニックの名に懸けて、全力でサポートします。

関連するまとめ記事