コラム

シミ・たるみ・シワを撃退!  デキる男のアンチエイジング術

デキる男は、顔のアンチエイジングも抜かりない

デキる男は、顔のアンチエイジングも抜かりない

30代以上の男性を対象にしたアンケートによると、彼らが気にする顔の肌トラブルトップ3は、シミ、たるみ、シワでした。第1位のシミを選んだ理由で最も多かったのは「老化を実感させられるから」とのこと。今や老化対策(アンチエイジング)はメンズにとっても大きな関心事のようです。
THE CLINICにも、アンチエイジングを目的に来院する男性ゲストは少なくありません。その多くは大企業のエリートサラリーマンや経営者など、人並み以上の実績を挙げてきた「デキる男」たち。そんな彼らがアンチエイジングを求めるのは、金にものを言わせた道楽のためではありません。見た目で好印象を獲得することで、少しでもビジネスを優位に進めようとする戦略的な判断なのです。一切の妥協を許さない、抜かりない姿勢がうかがえます。

「老けたな~」そう感じさせる顔面の変化とは?

エステに通う男性も増えてきているようですが、顔の老化を実感するシミ・たるみ・シワ対策は、スキンケアで事足りるのでしょうか? 答えは「ノー」です。美容先進国アメリカでは、顔の老化を印象付ける根本的な原因は脂肪量の減少だと考えられています。図をご覧ください。顔の脂肪は時間経過とともに確実に減少することがお分かりいただけると思います。さらに興味深いことに、脂肪の減少が著しい箇所と、ゴルゴライン、法令線(ほうれい線)、マリオネットラインといった老化ラインが現れる場所とが見事に一致しています。
エステのスキンケアで顔の表面をケアするのは二の次。真のアンチエイジングを実現するには、まずは老化の根本原因、すなわち脂肪の減少によって引き起こされるボリュームダウンに対処すべきなのです。

アンチエイジングに最も効果的な施術は、脂肪注入法

老化は脂肪が失われることで顕在化します。ならば、その失われた脂肪を再び取り戻せば良いまで。つまり脂肪注入法こそが、アンチエイジングのための最もシンプルかつ合理的な施術なのです。脂肪注入法では、体の余分な脂肪を採取して、顔面の気になる箇所に注入。脂肪を補い、ボリュームアップを図ります。自分自身の脂肪細胞を活用するため、拒絶反応の心配が少なく、仕上がりも自然です。また、注入脂肪中の不純物を丁寧に取り除いて定着率を上げれば、持続的な効果が期待できます。さらに、用途に応じて脂肪の加工法を変えるという、よりきめ細かな対応も可能です。例えば、ボリュームが求められる箇所(おでこ、こめかみ)には、比較的サイズが大きい脂肪細胞(CRF:コンデンスリッチファット)を、目元などにはサイズが小さくより柔らかい脂肪細胞(マイクロCRF)を注入します。
単なるボリュームアップであればヒアルロン酸を注入する方法もありますが、ヒアルロン酸は人工物である以上、仕上がりには違和感が残ることも。また、一定期間で体外に排出されるため、効果は時限的。維持するには、繰り返し注入しなければいけません。多忙なビジネスマンには、不向きなのです。

脂肪注入法は、肌質の若返りにも効果的

脂肪注入法をおすすめするもう一つの理由は、単なるボリュームアップという物理的な改善にとどまらず、肌質そのものの若返りが期待できるからです。その背景には、脂肪に含まれる幹細胞の働きが関与しています。例えば、脂肪幹細胞が産生するコラーゲンは、肌のたるみを改善し、ハリを復活させます。また、幹細胞の分泌物に含まれるグロスファクターという成分は、皮膚のターンオーバーを司る表皮細胞を活性化し、表皮の再生とシミの改善を促します。つまり脂肪幹細胞には、シミ、たるみ、シワといった、男性が気になる3大肌老化を一挙に解決する能力が秘められているのです。

真のアンチエイジングで、真の“デキる男”に

美容の最先端では、アンチエイジングのキーファクターとして脂肪細胞が注目されています。この機会に是非、ご自身の脂肪を活用したアンチエイジングで、実力に見合うだけのルックスを備えた、真の“デキる男”を目指してみませんか? THE CLINICのゲストのうち、実に3割はメンズが占めています。もし興味をお持ちいただけたのなら、気兼ねなくご相談いただければ幸いです。

関連するまとめ記事