症例

ボリュームアップのコンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)症例写真(女性/47歳)

現在Bカップのバストを、Dカップにボリュームアップしたいというご相談でいらっしゃいました、47歳の女性です。豊胸施術を受けることは、ご主人さまに内緒なので、ダウンタイムなどが心配とのこと。 CRF(コンデンスリッチファット)豊胸で大切なのは、良質な脂肪を使うことと、経験豊富な医師による高度な注入法のほかに、脂肪の注入スペースの確保があります。皮膚の伸展を超える量を注入すると、乳房内の内圧が上がり、酸欠状態になった脂肪は定着せずしこりになってしまいます。この方は授乳経験があるため、しっかりバストの皮膚が伸びていました。 THE CLINICでは、脂肪採取にベイザーリポという最高峰の技術で行います。通常の脂肪吸引より多くの脂肪が採取出来、また、術後のダウンタイムが短く、皮膚の引き締め効果もあるので、術後のボディラインをきれいに保つことが出来ます。 脂肪採取部位に選んだ腹部~腰部の仕上がりも、バストの仕上がりも、ご満足いただける施術結果となりました。

ボリュームアップのコンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)に関連するモニター・キャンペーン

  • コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)

    再生医療が可能にした幹細胞注入を超えた最新の豊胸術

    不純物を徹底除去する特殊技術で、脂肪の質の面でのしこりや石灰化などの問題をクリアしました。同時に良質な脂肪細胞と幹細胞が濃縮されるため、高い効果が期待できます。シリコンバッグを使わない、再生医療が可能にした幹細胞注入を超える豊胸手術です。

    コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)

    • ドクターセミナーモデル1
    • モニター3

PAGE TOP

関連するまとめ記事