症例

首のシワのマイクロCRF注入(顔の脂肪注入)症例写真(女性/36歳)

首のしわにお悩みの、36歳の女性です。これから歳をとると、もっとしわが目立つようになりそうで心配とのこと。首は年齢の出やすいところと言われていますが、近年はデスクワークやスマートフォンの使用などで、若い方にも見られるようになりました。残念ながら首のしわは完全に消すことはできません。早めに薄くなる治療を施し、以降は予防に努めることになります。首のような繊細な部位には、マイクロCRF(コンデンスリッチファット)の注入が最適です。採取した脂肪を加工し、健康な脂肪組織と幹細胞のみに濃縮したCRFを作りますが、このCRFを専用装置でさらに粉砕、その時に壊れなかった、極めて小さく健康な脂肪細胞と幹細胞だけを抽出したものがマイクロCRFです。大量の成長因子や、濃縮された幹細胞を多く含みますので、アンチエイジング効果があります。また、自分の脂肪なので注入した部分に90%以上定着するため、効果は永久的で、何度も施術を受ける必要はありません。脂肪は他の注入材と違い、自然な肌色なので、くすんでしまった部分の色味も改善します。施術の前後写真を見ていただくと、明らかにシワが薄くなっているのがわかります。普段の生活で首元が気にならなくなりました、と喜んでいただける結果になりました。

首のシワのマイクロCRF注入(顔の脂肪注入)に関連するモニター・キャンペーン

  • マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

    自分の脂肪組織で若返るコンデンス(濃縮)技術が可能にした最先端再生医療

    再生医療の分野で注目の高まる脂肪注入技術。なかでも不純物を取り除いたコンデンスリッチファット(CRF)をさらに濃縮し、採取した脂肪から10%しかとれない厳選された注入素材がマイクロCRFです。豊富に含まれる幹細胞の作用で肌が再生し、根本から若返ります。

    マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

    • キャンペーン1

PAGE TOP

関連するコラム

関連するまとめ記事