症例

左右のバランスの豊胸ヒアルロン酸注入しこり外来症例写真(女性/42歳)

42歳の女性です。他の美容クリニックで注入したヒアルロン酸のしこりと、しこり除去後の豊胸のご相談でいらっしゃいました。肋骨が浮き出て見えるほど、かなり痩せ型の方で、デコルテには脂肪がほとんどありません。他院にて、ヒアルロン酸以外ならバッグ豊胸しかないと言われてしまったとのこと。痩せている方には、胸を大きく見せたいと、とにかく見た目を優先してバッグ豊胸を選択する方もいらっしゃいますが、身体にとって異物であるバッグは、どんなに良い素材のものでも経年でトラブルを起こします。挿入後、すぐに違和感を感じて精神的ストレスを訴える方もいらっしゃいます。 この方の皮下脂肪は本当に少なかったのですが、身長が高い方だったので、広い面積から満遍なく脂肪を採取することで、CRF(コンデンスリッチファット)を生成することが出来ました。デコルテにも脂肪を注入したことで、骨ばった印象が和らぎ、女性らしい柔らかなバストになりました。

左右のバランスの豊胸ヒアルロン酸注入しこり外来に関連するモニター・キャンペーン

  • 豊胸ヒアルロン酸注入しこり外来

    他院の施術でできたヒアルロン酸のしこりを確実に診断・治療

    他院の施術でできたヒアルロン酸のしこりを確実に診断・治療。大学病院でも導入されている乳腺用エコーの使用、そして当院に在籍する乳腺専門医と全院が情報ネットワークを持つことで、バストへのヒアルロン酸注入後にできたしこりの原因や状態を診断し、的確に除去することができます。

    豊胸ヒアルロン酸注入しこり外来

PAGE TOP

関連するまとめ記事