症例

ボリュームアップのコンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)症例写真(女性/44歳)

44歳の女性です。現在AAカップのバストにボリュームを出したいというご相談でいらっしゃられ、当院で2回、CRF(コンデンスリッチファット)豊胸をなさいました。上半身が痩せ型ですが、下半身には脂肪がついていました。肝心のバストの皮膚の伸びも、授乳経験があるので問題ありません。 THE CLINICのCRF豊胸は、独自の技術で生成した良質な脂肪、個々の体質を見極めた適切な脂肪量で、安全に脂肪注入を行っています。注入法は、経験豊富な医師による高度な技術と豊富な経験が必要な注入法「マルチプルインジェクション」を採用しています。一般的な注入法は、バスト内の1カ所に脂肪をまとめて注入するため、脂肪の塊になってしまいます。塊の中心部には血液や酸素が行き渡らないので、脂肪壊死や石灰化といったしこりトラブルを招きます。「マルチプルインジェクション」は、様々な層に分散して脂肪を注入することで、脂肪が塊になるのを防ぎます。とりわけ、しこりの可能性を限りなくゼロに近づける「φ2.4mmヌードルインジェクション技術」は、現在THE CLINICだけが提供可能な安全性の最も高い注入技術だと自負しております。写真の通り、ナチュラルにカップアップが出来ました。デコルテにも脂肪を注入しているので、乳房までなだらかな線を描いており、若々しい印象です。胸にボリュームが出ただけでなく、脚も細くなって嬉しいですと仰っていただけました。

ボリュームアップのコンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)に関連するモニター・キャンペーン

  • コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)

    再生医療が可能にした幹細胞注入を超えた最新の豊胸術

    不純物を徹底除去する特殊技術で、脂肪の質の面でのしこりや石灰化などの問題をクリアしました。同時に良質な脂肪細胞と幹細胞が濃縮されるため、高い効果が期待できます。シリコンバッグを使わない、再生医療が可能にした幹細胞注入を超える豊胸手術です。

    コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪注入)

    • ドクターセミナーモデル1
    • モニター3

PAGE TOP

関連するコラム

関連するまとめ記事