症例

目の下のたるみの3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)症例写真(女性/49歳)

49歳の女性です。目の下の影と色素沈着、ゴルゴラインのご相談でいらっしゃいました。 加齢で本来あるはずの頬骨周辺の脂肪が減少し、ふくらみがなくなると、ゴルゴラインが目立つようになります。お悩みの解消に最適な施術は、3Dセルリフトです。 吸収性の特殊な糸と自身の良質な脂肪を使うこの施術は、糸を挿入してたるみを元の位置に戻すと同時に、かつて脂肪があった位置に注入スペースを確保します。そこに脂肪を注入することで、立体感が元通りになり、これまで困難だった顔のフォルムの若返りが可能になりました。 比較写真の通り、お悩みの部位だけでなく、目の下の小ジワと法令線も薄くなり、若々しくなったとお喜びでした。

目の下のたるみの3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)に関連するモニター・キャンペーン

  • 3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    進化した脂肪注入技術で実現した顔のリフトアップ施術

    3D Cell Lift(3Dセルリフト)は、単なるリフトアップではなく、老化で失われた顔の立体感をも取り戻すアンチエイジング施術です。ステムセル(幹細胞)を豊富に含むファットセル(脂肪細胞)を計算して注入する高度な技術力が、自然な仕上がりを実現します。

    3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    • モニター2

PAGE TOP

関連するまとめ記事