症例

こけた頬の3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)症例写真(女性/41歳)

41歳の女性です。下のお子さまの、お友達のお母さまが年下ばかりなので、若返りの施術を受けたほうが良いのかなと思ってカウンセリングにいらしてくださったとのことです。 目の下のクマや、たるんでシワになっている部分に脂肪を注入したら良くなるかも、と思われていたそうですが、医師の診察で3Dセルリフトが最適だとわかりました。 この方のクマもシワも、そもそもの原因は、加齢による顔の脂肪の減少です。ボリュームがなくなって立体感がなくなると、その部分の皮膚がたるんで老けた印象になってしまいます。3Dセルリフトは、吸収糸でたるみを元の位置に戻すと同時に、確保したスペースに脂肪を注入することで、立体感を出しつつ皮膚の張りも高めることができます。 また、シワの改善も脂肪注入が効果的です。研ぎ澄まされた脂肪細胞(コンデンスリッチファット)は細い注射器で注入できるため、目の周りのシワなど、繊細な部位への注入も可能です。 大げさな変化ではないので周囲に施術を受けたことがバレなかったこと、自然な感じに若返りが出来たことに、とてもご満足いただけました。

こけた頬の3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)に関連するモニター・キャンペーン

  • 3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    進化した脂肪注入技術で実現した顔のリフトアップ施術

    3D Cell Lift(3Dセルリフト)は、単なるリフトアップではなく、老化で失われた顔の立体感をも取り戻すアンチエイジング施術です。ステムセル(幹細胞)を豊富に含むファットセル(脂肪細胞)を計算して注入する高度な技術力が、自然な仕上がりを実現します。

    3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    • モニター2

PAGE TOP

関連するまとめ記事